2022年03月19日

税金を使ってキャッシュレスでの買い物を進めることは賛成できません

ご無沙汰しております。
3月議会が終わりました。少しづつ、報告していきます。
今日は、補正予算にあった「キャッシュレスで地域応援事業」についてです。

税金を使ってキャッシュレスでの買い物を進めることは賛成できません!

3月議会に「キャッシュレスで地域応援事業」という予算がでました。市内の加盟店でキャンペーン中にペイペイなど対象のキャッシュレス決済により買い物をすると、25%のポイント(最高1万円)が付き、ポイントで同額の買い物ができるという事業です。大型店では使えません。
その財源は、国から3億7500万円、市から9856万円で、合計4億7356万円です。
熊谷市民はもちろんですが、市外の方も対象です。
みなさんは、ペイペイや●●ペイで買い物したことがありますか? スマホでQRコードを読み取り、買い物をしたことがありますか? マイナンバーカードの取得でもポイントがもらえますが、税金を使って、スマホでの支払い手続き・使い方を市役所で教えています。慣れさせ、「便利だよー」と宣伝し、マイナンバーカードを作りやすくし、番号と通帳をつなぎ、保険証まで一緒にすれば、個人情報をつかむことができるのです。利便性の高さはセキュリティレベルの低さと表裏一体であることが、一昨年夏に発覚したドコモ口座(こうざ)の不正引き出し事件によっても分かりますよね。怖いですね。
また、ポイントは全国どこでも使えます。ネット通販でも。熊谷市の約1億円が市内業者に活性化につながるとは思えません。日本共産党議員3人は反対しました。

posted by くるみさん at 21:53| 議会だより

2022年01月09日

PCR検査が無料で受けられます。

埼玉県PCR検査等無料化事業を埼玉県が始めました。
有効に活用しましょう!


東京都におけるオミクロン株の市中感染の確認に伴い、令和3年12月28日から、感染リスクが高い環境にある等感染に不安を感じる無症状の埼玉県民の方は、一部県内薬局・ドラッグストアにて無料で検査を受けられるようになりました。

検査条件は
1.発熱などの症状がないこと
2.感染に不安があること
3.埼玉県在住であること
  実施の場合、埼玉県在住であることがわかるもの(免許証など)を持参する必要があります。
予約が必要です。

熊谷市の実施事業者は6か所です
●ウエルシア薬局熊谷佐谷田店
熊谷市佐谷田2402−1
電話 048-525-8261
受付時間
月〜土 10:00〜14:00、15:00〜19:00

●ウエルシア薬局熊谷赤城店
熊谷市赤城町3−1−35
電話 048-529-7317
受付時間
月〜金 9:00〜20:00
土 9:00〜19:00

●ウエルシア薬局熊谷箱田店
熊谷市箱田7−8−31
電話 048-529-1952
受付時間
月〜土 9:00〜20:00
日 10:00〜14:00、15:00〜19:00
祝 9:00〜14:00、15:00〜19:00

●ウエルシア薬局熊谷箱田二丁目店
熊谷市箱田二丁目20番48号
電話 048-501-0815
受付時間
月〜土 10:00〜14:00、15:00〜19:00

●ウエルシア熊谷籠原薬局
熊谷市別府1−46
電話 048-530-5781
受付時間
月〜土 9:00〜20:00
日・祝 9:00〜14:00、15:00〜19:00

●ウエルシア薬局熊谷籠原南店
熊谷市籠原南三丁目391番地
電話 048-530-5159
受付時間
月〜土 9:00〜14:00、15:00〜19:00

埼玉県 検査無料化 相談窓口 もあります。
電話番号:0570-200-607
受付時間:9時〜22時 (土日祝日を含む)
posted by くるみさん at 14:12| 活動レポート

2022年01月03日

2022年、本年もよろしくお願いいたします

新しい年の初めは、地域を回ってのご挨拶です。1日は午前江南地域、2日は、午前に吉岡地域、午後、大里地域を宣伝カーで回り、辻々でマイクを握りました。いずれも地域支部長が同行してくれました。残念ながら、写真はありませんが。
私の、挨拶を投稿します。

昨年の総選挙では、大きなご支援をいただきありがとうございました。結果は悔しい思いでいっぱいですが、市民と野党の共闘という重要な成果もありました。今年は夏に参議院選挙があります。比例代表で5議席を、埼玉選挙区では、3年前の伊藤岳議員に続き、梅村さえこさんを国会に押し上げてください。日本共産党への大きなご支援をまず初めにお願いいたします。

 昨年は2年続いてコロナ感染の影響があり、経済活動にも市民活動にもまだまだ自粛影響が出ています。そんな中、岸田首相の打ち出したコロナ感染対策のための補正予算は、コロナ対策と言いながら、新たな軍事費が計上され、とうとう6兆円を超える軍事費となりました。敵の基地を攻撃する能力を持つ戦闘機の購入や憲法を変える動きが活発になっている状況に、とても危険を感じます。いつでも戦争ができる体制を作ろうとしている自公政権にストップをかけていきましょう。日本共産党は、平和外交による東アジアの安定を目指します。
 暮れには大変残念なことがありました。「森友学園」をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、自殺に追い込まれた赤木さんの妻・雅子さんが国に賠償を求めた裁判ですが、国側は改ざんの経緯を明らかにしないまま裁判を終結しました。雅子さんの思いは「真実が知りたい」ということです。国は、本当に卑怯です。桜を見る会や加計学園問題なども含め、嘘や改ざんがまかり通る政治を変えていこうではありませんか。

 さて、コロナ感染の影響でコメの値段が暴落しました。熊谷農業協同組合が農家に示すコメの買取り価格は、60キロ、なんと8000円です。令和2年は11900円でしたので、約4000円の下落です。12月熊谷市議会では、国に対して、「支援策を」と、意見書を市議全員で上げることができました。また、熊谷市としては、次期作付けの主食用コメの種代として1反3500円の補助をすることになりました。本当に良かったと思っています。

オミクロン株が出てきて、3回目のコロナワクチン接種についてご心配かと思います。市報に2回目接種終了から8か月以降とありましたが、前倒しとなり、7か月以降となりました。1月中旬以降から、7か月たった順に週ごとに、順次接種券が郵送で届きます。接種は、集団接種会場で2月3日から、病院や診療所で2月24日から始まります。
電話やインターネットでの予約となりますが、行政センターや公民館での職員による予約サポートもあります。詳細については、接種券と合わせてお知らせが届きますのでご覧ください。市ホームページ等でもお知らせがあります。

みなさん、日本共産党は、命と平和を守る政治を作るために今年もぶれずに頑張っていきます。日本共産党への大きなご支援としんぶん赤旗の購読を重ねてお願いいたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。本年もよろしくお願いいたします。

20190106_151844.jpg
posted by くるみさん at 10:15| 活動レポート

2021年12月15日

3回目のコロナウイルスワクチン接種は

本日、一般質問が終わりました。
「3回目の新型コロナウイルスワクチン接種の混乱を避けるために」というテーマで、質問しました。答弁の内容です。

3回目のワクチン接種についての概要
12月中旬から、医療従事者の方を対象に接種を開始し、来年2月下旬からは、高齢者をはじめとする市民の方を対象に、市の集団接種会場、病院、診療所で接種を開始する予定です。接種券は、来年2月上旬以降、2回目接種から8か月以上経過するタイミングで、対象者となる方に到達するよう週ごとに発送し、接種券が届いた時点で速やかに予約できるように準備をしています。予約方法は、1,2回目と同様、コールセンターによる電話受付と予約専用サイトによるインターネット受付を行い、高齢者向けには、予約を代行する予約サポートも実施する予定です。

予約がパンクすることはないか
予約専用サイトは、アクセス機能の高い現在のシステムを、引き続き使用する予定です。
コールセンターは、最大50人体制に増員し、対応する予定ですが、電話が集中しないよう、予約枠には余裕があるため、慌てないで予約をとっていいただくよう広報していきたいと考えています。

予約サポートの内容は
公民館など公共施設において、市職員等により、主に65歳以上の高齢者を対象として、インターネットによる予約代行等の実施を予定しています。
具体的な方法については、後日、市ホームページ等で、お知らせします。

2回目のように日時や場所の指定をしてもらえないか
実施方法につきましては、1・2回目接種の課題を踏まえ、検討してまいりましたが、本市では、個別接種会場となる病院・診療所が71か所、このほか集団接種会場を3か所開設する予定で、日時や場所を指定する方法とした場合、都合が合わず、キャンセルや予約変更が多数生じ、速やかな接種に支障をきたすことが予想されます。
また、3回目接種には、ファイザー社製に加え、武田/モデルナ社製のワクチンも配分される予定であり、日時や時間を指定した場合、ワクチンも指定となることが見込まれます。
このようなことから、本市では、希望する医療機関や日時、ワクチンを選択していただける方法としました。

posted by くるみさん at 19:45| 議会だより

2021年10月06日

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐためにPCR検査費用の助成を

2021年9月議会での一般質問の概要です。
コロナは、発症2日前から他者への感染リスクがあるとされており、まだ発症していない潜伏期間にもうつしてしまう可能性があります。2回接種を完了していても、ワクチンを打っていても陽性者になっています。
日本共産党は、ワクチンの安全で迅速な接種と一体に、大規模検査を「いつでも、誰でも、何度でも、無料で」の立場で訴えてきましたが、検査の拡大にあたっては、本来は国が思い切った補助を行うべきです。
熊谷市としての大規模にはいきませんが、「陽性者のその周りの人たちの検査を」「集団で過ごす場での検査継続を」という思いで質問しました。

質問
高齢者・障害者施設でのPCR検査の実績と今後は。
答弁
熊谷市のほか埼玉県、日本財団が検査の支援をしてきた結果、高齢者施設は、63施設、85.1%、障害者施設は、25施設、43.5%が利用した。感染拡大防止の観点から、当初の助成対象の期限である令和3年6月30日を、同年12月31日まで延長する。県や日本財団でも検査が支援を行うので、現時点での市の新たな予算措置は考えてない。

質問
子どもたちにも感染が広がっている。保育所や児童クラブ、学校での勤務者のPCR検査は。
答弁
現在、国からの抗原簡易キットの無償配布を申し込んでいる。このキットは、小中学校、保育所、児童クラブ等の職員が、出勤後に発熱や咳、のどの痛みの症状があった場合に使用する。

質問
学校で学級閉鎖になった場合、この抗原検査簡易キットを、症状がなくても、席が近い、一緒に遊んでいたなどの学校生活の様子で判断し、使っていくべきではないか。
答弁
検査の範囲は、発生時の状況や施設内の状況に応じて、保健所からの指示に従って対応する。

質問
市はPCR検査をそもそも必要だと考えているか。
答弁
感染拡大を防止するため、検査は必要である。特に、クラスターが発生しやすい施設等においては有効であり、感染発生時には、迅速な検査が必要である。

国から配布される簡易キットの活用は市で判断できますが、いつ、どのくらい届くかはこの時点で把握できていませんでした。今後、確認していく必要があります。

posted by くるみさん at 17:00| 市政だより

2021年07月03日

熊谷駅でのフードパントリーが7回目に

熊谷駅南口で、第7回「街かどフードパントリー」が行われました。多くの方からの寄付金でお米やレトルト食品・生理用品等を購入し、寄せられた野菜を無料で渡しました。主催は民主青年同盟の青年ですが、地域の市民スタッフも参加していました。

食料品等の配布だけでなく、毎回、アンケートに協力してもらい、生活の様子を聞き取りもしています。アンケートを見せていただいたところ、「レジメ配布だけの授業で同じ学費を払うのはいやだ」「バイトの時間減少が続いているので大変」「就職が決まるのかどうか心配」「自宅にいる時間が多いので電気代が跳ね上がっている」などの声があり、コロナの影響が続いていることが分かりました。また、「オンライン事業の中、大学にいる時間は少ない。せめて、施設整備費料は無料にしてほしい」との話も直接聞きました。この点については、全国的に「学費の一部返還を要求する署名」などを集めて、大学に要望書を提出している学生たちもいますが、現時点でどの大学も回答はなかなか厳しいようです。
「仕事が決まらず貯金をはたいて暮らしている。派遣にも給与補償してほしい」という社会人の方も立ち寄られました。
次回は、7月24日(土)14時30分〜の予定だそうです。

20210626_142946.jpg


posted by くるみさん at 13:57| 活動レポート

2021年06月20日

熊谷市での聖火リレー中止に

 オリンピック・パラリンピックの聖火リレーが熊谷市でも7月7日に行われる。ラグビーロードの中央交差点付近から熊谷スポーツ文化公園にぎわい広場に向かうルート。ランナー出発予定時刻は19時25分頃、ランナー到着予定時刻は20時5分頃となっている。

公道でのリレーには、警備215人、ボランティア357人、市職員35人の総勢607人が動員となる。◆オープニングイベントには、聖火ランナーの後方を走るサポートランナー12人、富士見中学校吹奏部37人、会場受付ボランティア60人など総勢113人。◆聖火の到着を祝うセレブレーションには、妻沼東中学校吹奏部39人も参加し、観覧者は抽選で選ばれた550人が参加する。もともと、埼玉県が主催の聖火リレー、市内高校の学生や企業も参加するらしく、総勢で何人になるのか市は分からないという。

「え、どのくらい人数が集まるか分からない?」「リスク計算もできないの?」とビックリ。公道にもどのくらいの方が集まるか分からない。熊谷市は感染者が今は少ないけれど、みんなが感染しないように我慢し、頑張っているからですよ!食堂や居酒屋さんは早じまいして大変なんです。
聖火リレーは止めるように、少なくとも、市内の小中学生の動員は止めるよう、議員団として市に申し入れました。
posted by くるみさん at 10:55| 活動レポート

2021年06月19日

今後のコロナワクチン接種予定

ワクチン予約クーポン券が、6月28日から16歳以上の方に発送されます。
埼玉県が設置する「大型集団設置会場」の一つに、「さくらめいと」があります。

6月28日からのワクチン予約.docx
posted by くるみさん at 20:15| 活動レポート

2021年06月17日

6月議会一般質問より 「生理の貧困」対策を熊谷市で       

6月議会の一般質問が終わりました。
熊谷市の教育委員会はもう一歩スピーディーに動いてくれるといいなあ、という感想です。
学力日本一と同じくらい子どもたちの内面を大事にしてほしい!

「生理の貧困」対策を熊谷市で
「生理の貧困」という言葉は、コロナ禍の中、「学生の5人に1人が生理用品入手に苦労する」と、今年3月4日NHKテレビが報道した後、衝撃が広がり急速に注目されました。
父子家庭などの家庭環境では、生理用品の必要性が正しく理解されず、困っている人も実在します。経済格差や情報格差が、「生理の格差」として現れと言えます。コロナ禍前から、親が生理用品を与えないネグレクトも含めて、「生理の貧困」はありました。人権にかかわる問題でもあり、表面化しなかっただけのように思います。
こうした状況の中で、生理用品を必要な人に届けようと、ボランティア団体をはじめ、自治体でも39都道府県255自治体が取り組ンでいます。

質問
「生理の貧困」の認識は。
答弁
長引くコロナ禍により、雇用等で弱い立場にあった女性は、経済的に困窮し、生理用品が購入できないなど、日常生活にも支障を来す状況となっています。女性が健全な社会生活を送るために、生理用品は必要不可欠なものであることから「生理の貧困」につきましては、生活困窮に対する支援、女性への支援として、市として取り組む必要があると考えています。
質問
熊谷市の対策の現状は
答弁
「生理の貧困」は喫緊な課題であると捉え、4月15日から、防災備蓄品を活用した生理用ナプキンの無料配布を開始いたしました。現在、男女共同参画推進センターハートピア及び各行政センターを加えた4か所とし、必要とする女性に生理用品の支援が行き届くよう努めています。
配布窓口に設置した専用カード、または、スマートフォン等の画面でカード画像を提示していただければ、声をかけなくても受け取れるようにしており、お一人につき、30個入り1パックをお渡ししています。

質問
たくさんの方が来庁する市役所が入ってないのはなぜか。
答弁
受け取りに来られる方の気持ちに配慮し、毎日多くの来客者が訪れる市役所は、配布場所に選びませんでした。

質問
配布用の生理用ナプキンの予算は。
答弁
今は防災備蓄品の生理用ナプキンを活用しているが、今後は、配布の状況を踏まえ、備蓄品の補充も含め、総体的に検討していく。

質問
愛知県東郷町(とうごうちょう)の小中学校でも、生理用品のトイレへの設置が始まりました。
設置のきっかけは、子ども議会での当時小学6年生の女の子が「SNSのアンケートで、日本にも生理用品を買えない人がいることを知りました。生理用品を学校の個室に常備していただければ、こまめに交換でき、心も体も健康になると思います。生理用品を持ち歩くのが恥ずかしく、夜用をつけたまま学校で一度も交換しない人がいるそうです。」と質問したことからです。
生理用品を学校の保健室に取りに行くことは、心理的にハードルが高く感じる人もいます。学校のトイレに生理用品を設置できないか、伺います。
答弁
「産婦人科」学校医の指導の下、学校では、保健室に生理用品を準備し、必要な時には、すぐに対応しています。引き続き、養護教諭等に相談しやすい体制づくりに努めます。

質問
今回の判断は、子どもたちと一番関わりがある養護教諭と相談した結果ですか。
答弁
「産婦人科」学校医の指導を受けた結果です。

質問
4月14日の文部科学省の事務連絡で、「生理用品を必要としていることを言い出しにくい児童生徒にも配慮し、保健室等の手に取りやすい場所に設置したり、提供場所を保健室のほかに設けたりするなど、必要とする児童生徒が安心して入手出来るよう、提供方法や配置場所等の工夫などをご検討いただきたい。」とあるが、この事務連絡にそって、検討されるべきではありませんか。
答弁
生理用品を自身で用意できない児童生徒が、一人で悩むことがないよう、養護教諭等へ相談しやすい体制づくりに努めるとともに、無料配布の取組についても、再度、周知したところです。

最後に
本市の生理用品無料配布は、本庁舎内でも対応すること、学校のトイレ個室への設置については養護教諭など現場の職員とも協議していくこと、予算を付けて継続的な取組にすることを要望しました。

生理用品配布チラシ.jpg

posted by くるみさん at 09:54| 議会だより

2021年05月08日

コロナワクチン接種に関して

コロナ感染が止まりませんね。このオリンピックができるとは到底思えません。
コロナワクチンも75歳以上の方の1回目の予約は、「電話がつながらない」「ネットもつながらない」と苦情が殺到しました。次は、5月中旬・・の日程が決まりましたが、熊谷市のホームページを見たり、「メル熊」を見れない方は、知ることができません。急ぎでしたが、市議団で作りましたので、紹介します。

ワクチン接種チラシ.pdf
posted by くるみさん at 20:31| 活動レポート

「生活相談」

     お気軽にどうぞ

    電話&FAX

      048-536-8442

  ●「しんぶん赤旗」を

       お読みください

    日 刊  3497円/月

    日曜版   930円/月

  ●あなたも日本共産党へ




くるみさん 極小.jpg
カテゴリ
最近の記事
「原発いやだ!熊谷の会」では、
原発反対、お散歩デモは、熊谷駅でのスタンディング
に変更しました。

毎月第2月曜日
11時30分から12時まで
熊谷駅北口

原発反対スタンディング
同じ思いの方、
参加してくださーい.
 
 
                                     
リンク集
熊谷市ホームページ
日本共産党中央委員会
日本共産党埼玉県委員会
日本共産党北部地区委員会
塩川てつや衆議院議員
大門みきし参議院議員
紙 智子参議院議員
伊藤 岳
大山みちこ
プロフィール
button1.gif

kurumi.chirorinmura@gmail.com

facebook.jpg


略歴 
  1955年 福岡県生まれ
  福岡県立社会保育短大卒
  旧江南町町議1期 
  熊谷市議会議員3期目 

 住所 熊谷市板井1647
 電話&FAX  
     O48−536−8442

  
議会の役職 
 市民福祉常任委員会委員
 議会運営委員会委員
 



過去ログ
2022年03月(1)
2022年01月(2)
2021年12月(1)
2021年10月(1)
2021年07月(1)
2021年06月(3)
2021年05月(1)
2021年04月(1)
2021年03月(2)
2021年02月(3)
2021年01月(3)
2020年12月(1)
2020年10月(1)
2020年09月(2)
2020年08月(2)